FOOTNURSE

UVC紫外線を使った各種除菌器のご紹介

発光ダイオード(LED)国内大手の日亜化学工業(徳島県阿南市)は17日、世界最高水準の出力の殺菌用深紫外線LEDの量産体制を確立したと発表した。同社の従来製品に比べ光出力を3割程度アップさせ、約2万時間の寿命を実現したのが特長。徳島大学との共同試験で新型コロナウイルスを30秒間照射すれば99.99%不活化することも実証した。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOJB176290X11C20A2000000

国民一人ひとりが、改めてマスク着用や手洗い、アルコール消毒などの対策をしっかりと行っていく必要があるが、こうした中、金融機関の感染症予防対策として、日立オムロンターミナルソリューションズは、紙幣に付着した細菌やウイルスを高速で除菌する「紙幣除菌装置」を開発したことを発表した。

https://www.fnn.jp/articles/-/110704

2020年6月19日発表より転載

  • 実験により、数秒間の照射で新型コロナウイルスが検出不能となることが判明
  • シグニファイは自社のUV-Cライト技術を他の照明企業にも幅広く提供していく予定
  • シグニファイは35年以上にわたりUV技術を牽引

オランダ・アイントホーフェン発 – 照明製品の最大手であるシグニファイ(ユーロネクスト:LIGHT)は、米ボストン大学国立新興感染症研究所(NEIDL)*[1]と共同で研究を行い、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の原因ウイルスであるSARS-COV-2の不活性化にシグニファイのUV-Cライト技術が有効であることを実証しました。

ボストン大学医学部の微生物学准教授、アンソニー・グリフィス(Anthony Griffiths, PH.D.)博士率いるチームは、SARS-COV-2の感染拡大の当初から、この領域における科学的進歩に貢献するツールの開発に取り組んできました*[2]。研究では、ウイルスを植え付けた物質を使用し、シグニファイ製の光源を用いてUV-C照射量を変更しつつ、さまざまな状況下における不活性化能力を測定しました。照射量を5mJ/cm2にしたところ、6秒間でSARS-COV-2ウイルスが99%減少しました。このデータに基づき照射量を22mJ/cm2にすると、25秒間で99.9999%減少することが確認されました*[3]。

アンソニー・グリフィス博士は、次のように述べています。

「今回の実験結果から、一定量以上のUV-C照射によりウイルスが完全に不活性化することが分かりました。ほんの数秒で、あらゆるウイルスが検出不能となったのです。この結果を非常にうれしく思うと共に、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に貢献する製品開発が加速することを期待しています。」

シグニファイはUV-Cライト業界をリードし、35年にわたりUV技術の最前線に立ち続けてきました。UV-Cライトのイノベーションにおいて確かな実績を持ちます。

シグニファイのCEO、エリック・ロンドラット(Eric Rondolat)は、次のように述べています。

「コロナウイルスと闘う中で、ボストン大学との協働の成果が出たことを大変うれしく思います。企業や各種機関がウイルスのない環境を実現する方法を模索する中、これらの組織にとっての感染予防手段として当社のUV-Cライト技術が有効であることがボストン大学により実証されました。シグニファイは、コロナウイルスとの闘いに役立つ可能性を踏まえて、この技術を独占するのではなく、他の照明企業にも技術提供します。」

[1] NEIDLは、バイオセーフティレベル2、3、4に対応する重要な封じ込め実験室を持つ最先端の研究施設です。

[2] グリフィス博士率いるチームは、リスクグループ3および4のウイルス(人体に深刻または死に至る病をもたらしうる微生物を含む)向けのワクチンや治療法を開発しています。

大阪府立大学研究推進機構放射線研究センターの秋吉優史准教授は、使い捨て不織布マスクの表面に付着したウイルスの大半を不活化する装置「マスクリーン」を開発した。エネルギーの強い紫外線「UV―C」をケース内で照射する。マスク1枚用は5秒、マスク4枚用は20秒でマスク表面のウイルスを約1万分の1にできる。紫外線は新型コロナウイルスにも有効といわれ、感染症対策が必要な医療機関向けに無償提供している。

プラスチックコンテナの内側をアルミシートで覆った箱や、内部がアルミの保冷バッグにUV―C蛍光灯を取り付けた。波長が280ナノメートル(ナノは10億分の1)未満と短いUV―Cはウイルスや菌への効果が高いが人体への悪影響もあるため、密閉して光が漏れないようにした。至近距離での照射によりエネルギーを効率的に受けられ短時間で処理できる。

ペンやピンセットなどマスク以外の物品にも使える。マスク4枚用は仕切りの金網を外せばフェースガードやタブレット端末など比較的大きな物にも対応する。

医療機関の接触感染リスク低減に向け、はめたままの手袋に照射する壁かけ型も考案。全身に防護具を着用した状態で照射する場合の効果も検証する。

一連の研究は日本医療研究開発機構の「ウイルス等感染症対策技術開発事業」に採択された。

日刊工業新聞2020年6月11日

紫外線照射装置とは、人工的に紫外線を照射する機械の総称。ウイルスを含む微生物不活性化に効果があり、短時間(数分から10分程度)で病室内の除菌を行うことが可能。

https://www.pref.aichi.jp/site/covid19-aichi/souchihojyo.html

新型コロナウイルス感染症患者を受け入れる医療機関の紫外線照射装置等の導入経費を助成します

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年6月2日更新

新型コロナウイルス感染症患者を受け入れる医療機関の紫外線照射装置等の導入経費を助成します

 愛知県では、新型コロナウイルス感染症患者を受け入れる医療機関を支援するため、病室等の除菌を行う紫外線照射装置等の導入経費の一部を助成する本県独自の制度を以下のとおり創設することにより、医療関係者の感染リスクの低減及び作業負担の軽減を図ります。
 引き続き、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の第2波、第3波に備え、更なる医療提供体制の強化に取り組んでまいります。

1 助成制度導入の経緯

 新型コロナウイルス感染症患者を受け入れる医療機関では、病室等の消毒作業を手作業で行っているため、職員の感染リスクが高く、消毒後も換気時間が必要な状況です。
 そのため愛知県では、感染症リスクの低減及び作業の効率化を図ることができる紫外線照射装置等の導入経費の一部を助成します。

2 対象

 新型コロナウイルス感染症患者を受け入れる70医療機関

3 補助率

 2分の1

4 補助上限額

 1施設当たり4,000千円

5 その他

 詳細は、追って対象医療機関へ周知します。

〈参考〉
 紫外線照射装置とは、人工的に紫外線を照射する機械の総称。ウイルスを含む微生物不活性化に効果があり、短時間(数分から10分程度)で病室内の除菌を行うことが可能。このページに関する問合せ先感染症対策課感染症対策調整グループ
名古屋市中区三の丸3-1-2 Tel:052-954-7466
メールでの問合せはこちら

https://www.iwate-np.co.jp/article/2020/5/30/78877?fbclid=IwAR3yZOkoNn7Jf6jUw70VBzQshkpK1Jx4wMwPWYTd6MTP1mITLaBkCZ2nkX0

安心の本消毒機 設置 矢巾町図書センター、紫外線照射し殺菌

矢巾町図書センターに導入された「図書消毒機」
矢巾町図書センターに導入された「図書消毒機」

 矢巾町は29日、本を消毒する「図書消毒機」1台を同町駅東の町図書センターに設置した。新型コロナウイルス感染症防止のため、貸し出した本に紫外線を照射して図書の衛生対策に役立てる。

 納入業者によると、一度に本6冊を同時に消毒できる機器は県内図書館で初導入。30秒~1分の間、開いた状態の本に紫外線を照射し、ページの中まで殺菌する。消臭と抗菌も行う。本の下から風を当て、ページ間のほこりなども除去する。価格は132万円。

 同センター出入り口に設置し、入館者が借りた本を消毒機に入れた上で自宅に持ち帰る。返却の際にも使用可能。本格運用開始は6月1日から。

pagetop